読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よせなべ

プログラミングを入れた鍋にガジェットやゲームなど様々な材料を入れて煮込みます。

Windows10でパッケージ管理 [PackageManagement + Chocolatey]

Windows

Windowsでもaptとかhomebrewみたいの使いたい!
ということで、PackageManagement + Chocolateyでパッケージ管理に挑戦です。

環境

PackageManagement

Windows10はPowerShellのバージョンが5なので、デフォルトでPackageManagemntが入っています。

基本的なコマンド

コマンド 機能
Find-PackageProvider パッケージプロバイダを全て検索
Get-PackageProvider 追加済みパッケージプロバイダの一覧を表示
Install-PackageProvider パッケージプロバイダを追加
Find-Pacakge 追加済みパッケージプロバイダを使用してインストール可能な、パッケージを検出
Get-Pacakge インストール済みパッケージの一覧を表示
Install-Package 追加済みパッケージプロバイダを使用して、パッケージをインストール
Uninstall-Pacakge パッケージをアンインストール

その他のコマンドと詳細は、こちらのページを参照
PackageManagement コマンドレット | MSDN

Chocolatey(パッケージプロバイダ)を追加

デフォルトのパッケージプロバイダだけでは、インストールできるパッケージが限られて来ます。
chocolatey.org

Chocolateyは、以前から有名なWindowsのパッケージ管理システムです。
パッケージが豊富です。
なので、Chocolateyに頼ります。

PowerShellで、

Install-PackageProvider chocolatey

これで、Chocolateyを追加できました。

実は、下のでも良いみたいです。

Get-PackageProvider chocolatey

追加済みのパッケージプロバイダでは、動作が違います。

パッケージを検索

Chocolateyがインストールできたので、なにかパッケージを探してみましょう。
ここでは、wgetを使えるようにします。

Find-Package wget

検索すると、候補が出てきます。
これをインストールしていきます。

パッケージをインストール

wgetをインストールします。

Install-Package wget

これでwindowswgetが使えるようになりました。

終わりに

Windowsでパッケージ管理ができるようになりましたが、インストールできないパッケージも多いです。
今後に期待したいとこです。